エンディングノート 事前に知っておくこと

亡くなった方の財産を相続した人には相続税がかかりますね。

相続税の増税に備えて、生前に家族に預貯金などの贈与を行い、
相続税のかかる財産を減らす方が増えているそうです。

しかし、これで問題になるのが、税務署は生前に
贈与があったと認めてくれるかどうかです。

簡単に考えると、預金を妻または子供の口座に移したら
通帳が証拠になり、贈与したことになるのでは?
と考えたりしますが、

税務署に贈与があったと認められるには

贈与契約書を作成したり、税務上もらった人が
もらった財産を持ち、自由に使えているかを証明したり
年間110万円を超える額の財産をもらったら、贈与税の
申告納税をしたり。
と、いろいろ大変なようです。

税務署に認められず、亡くなった人の財産だと判断されたら
その財産は当然遺産分割の対象になるので、
相続争いが更に面倒になりそうです。

しっかりと税理士に相談しながら行うべきですね。

カテゴリー: エンディングノートとは   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>